オートコンプリート機能について


オートコンプリートとは過去に入力した文字を記憶して、文字列の最初の文字を入力するだけで自動的に合致する候補を表示してくれる機能です。

 

削除方法

削除方法については、以下からお使いのブラウザをクリックしてご確認ください。
 
■Microsoft Edga
以下の操作をしてください。

1、Microsoft Edgeで画面右上のメニューをクリックし、「設定」をクリック

メニューの設定を選択


2、画面を下にスクロールして「クリアするデータの選択」ボタンをクリック

クリアするデータの選択ボタン


3、フォームデータ、パスワードにチェックを付けて「クリア」ボタンをクリック

フォームデータ、パスワードにチェック


4、完了すると「すべてクリアされました」と表示されます

クリア完了
■Internet Explorer 11
デスクトップ版Internet Explorer 11とWindowsストアアプリのInternet Explorer 11があります。
どちらかのオートコンプリート履歴を削除すれば、両方のキャッシュが削除されます。
※WindowsストアアプリのInternet Explorer 11で削除を実行した場合は、キャッシュ、閲覧履歴、Cookieなどが一緒に削除されてしまいますのでご注意くださ


・デスクトップ版Internet Explorer 11の場合

1、画面右上にある歯車の形をしたアイコンをクリックし、表示された一覧からセーフティをクリック
その中にある「閲覧履歴の削除」をクリック

メニューの閲覧履歴の削除


2、 閲覧の履歴の削除が表示されますので、フォームデータとパスワードにチェックを付けて「削除」ボタンをクリック

閲覧の履歴の削除画面


3、削除が完了すると画面下部に「選択された閲覧の履歴が削除されました。」と表示されます


・WindowsストアアプリのInternet Explorer 11の場合

1、 画面右上隅をポイントし、マウスポインターを下方向へ移動(右下隅をポイントした場合は、上方向へ移動させます)
チャームが表示されたら「設定」をクリック

設定アイコン


2、「オプション」をクリックし、履歴の「選択」ボタンをクリック

オプション画面の履歴選択


3、保存されたフォームと保存されたパスワードを選択し、「削除」ボタンをクリック

保存されたフォームと保存されたパスワードを選択、削除


4、削除が完了すると削除の右側に「選んだデータは削除されました。」と表示されます
■Google Chrome
以下の操作をしてください。

1、ツールバーの「Chromeメニュー」ボタンから「設定」をクリック

メニューの設定


2、右上の選択をクリックして、詳細設定をクリック
その中のパスワードとフォームをクリック

設定メニューのパスワードとフォーム


3、「パスワードを管理」をクリック

パスワードとフォーム画面のパスワード管理


4、保存されているすべてのユーザー名とパスワードの一覧が表示されます
パスワードを削除したいサイトの右端メニューをクリックし、「削除」をクリック

パスワードを管理画面
■Firefox
以下の操作をしてください。

1、「Alt」キーを押してメニューバーを表示
ツールをクリックして「オプション」をクリック

ツールのオプション


2、「プライバシーとセキュリティ」をクリック

オプションメニューのプライバシーとセキュリティ


3、フォームとパスワードの「保存されているログイン情報」をクリック

ブラウザープライバシー画面


4、パスワードを削除したいサイトを選択し、「削除」ボタンをクリック
全て削除したい場合は、「すべて削除」ボタンをクリックしてください

保存されたログイン情報の画面
■Safari
以下の操作をしてください。

1、上部のメニューバーの「Safari」をクリックし、「環境設定」をクリック

Safariのメニュー


2、「自動入力」をクリックし、自動入力Webフォーム項目から削除する項目の「編集…」ボタンをクリック

例:ユーザー名とパスワード
自動入力画面


3、削除する履歴を選択して、「削除」ボタンをクリック

パスワード画面

ご注意

設定方法について不明点がある場合や、その他のブラウザの設定方法に関しましては、ご利用されているブラウザのヘルプをご確認いただくか、ブラウザの提供元までお問い合わせください。



ページ先頭へ戻る

社会的責任[CSR]