「全てのポイントを使う」と「一部のポイントを使う」の違いについて


いずれの場合も注文確認画面で最終的に表示されたポイント数が利用対象となります。

 

全てのポイントを使う

注文合計金額に対して、保有している確定ポイントを可能な限り利用する利用方法です。

 

一部のポイントを使う

注文合計金額に対して、お客様が指定したポイント数のみ利用する利用方法です。

なお、いずれの方法の場合も注文金額の変更により、注文合計金額がポイント利用数より下回る場合は、差分のポイントは翌日に戻りますが、ポイント利用期限を過ぎてのキャンセルや金額修正、ポイントは失効扱いとなり返還されません。
一度ご注文を確定された場合は、ポイント利用の取り消しや変更はできません。



ページ先頭へ戻る

社会的責任[CSR]